写真を処分する際の注意点と写真を綺麗な状態で保存できるおすすめの方法をご紹介

「写真やアルバムの処分方法がわからない...」

「大切なアルバムを処分するか迷っている...」

「場所を取らない保管方法を探している...」

このようなお悩みはございませんか?

大切な思い出が詰まった写真アルバムをどう処分すれば良いのか迷っている方は多いでしょう。
捨てるには心が痛むけれど、保管場所も限られている・・・。

この記事では、写真の安全な処分方法や、思い出を新たな形で残すアイデアまで、様々な方法を詳しく解説します。
これを読めば、大切な思い出を守りつつ、スッキリと片付ける方法が見つかります。

写真やアルバムを捨てる方法とその注意点

まずは写真やアルバムを捨てる方法とその注意点について説明します。

写真には名前や住所、顔写真など、個人情報が含まれていることがあります
単にゴミ箱に捨てるだけでは情報が漏れてしまう可能性があるため、写真を捨てるときには安全な方法で破棄することが大切です。

処分の方法としては次のような方法があります。

シュレッダーで細かく裁断する

個人情報が漏れないようにするためにも、捨てる写真はシュレッダーで裁断しておきましょう。
手動のシュレッダーであれば、低価格で購入できます。
シュレッダーがない場合は、家庭にあるハサミや細断ハサミで細かく切ると良いでしょう。

写真を焼却する

写真を焼却する方法もあります。
しかし、自宅での焼却は危険が伴うため、自治体の指示に従いましょう。
自治体によっては、指定された方法で写真を焼却できる施設があることもあります。

ガムテープなどでまとめて包む

写真の数が多い場合、一つ一つを細かく切るのは手間がかかります。
もし裁断が面倒な場合は、写真をガムテープでしっかりと包んで、簡単に解けないようにして捨てる方法もあります。
ガムテープがない場合は新聞紙などを使って、ゴミ袋から写真が飛び出さないように注意してください。

漂白剤につける

大量の写真を処分するには、漂白剤に漬けて白くする方法も有効です。
ぬるま湯に適量の漂白剤を入れ、その中に不要な写真を入れます。
数分後にはインクが溶けて写真が白くなり、何が写っていたのか判らない状態になります。
放置するだけで一度に多くの写真を処理できるため、大量の写真が出てきた際にはおすすめの方法です。

写真を捨てる前に考えるべきポイント

写真の安全な処分方法をお伝えしましたが、思い出の写真はとても大切です。

捨ててしまう前に、本当に必要ないのかどうかはよく考えてから処分するようにしましょう。

特に家族や友人との写真は、時間が経つにつれて価値が増すこともあります。

そこで、燃えるゴミとして処分する以外の方法もご紹介します。

写真のデジタル化がおすすめ

思い出の写真を保存するには、デジタル化がおすすめです。

写真をデジタル化すれば、いつでもどこでも見ることができます。

また、アルバムとして再編成することも一つの方法です。
写真を新しいアルバムに移し替えたり、テーマ別に整理したりすることで、見やすく保管することができます。

その他にも、写真をデジタル化するメリットはいくつかあります。

  • スペースの節約
    物理的なアルバムを保管する場所が必要なくなり、データとして保存できるため、部屋がすっきりします。
  • 写真の劣化を防ぐことができる
    紙の写真は時間と共に色あせたり、傷んだりしますが、デジタルデータならその心配がありません。
  • 簡単に共有できる
    家族や友人とインターネットを通じてシェアしたり、SNSにアップロードしたりすることができます。

一方、メリットとしては下記が挙げられます。

  • スキャナーなどの準備が必要
  • 写真が多い場合は特に、作業が大変

スキャナーで一つ一つ写真を取り込み、保存する作業はかなり時間も取られますし、
間違いなく正確に取り込まれているのか不安になる方もいるでしょう。

また、データが消失するリスクもありますので、バックアップを取ることも必要になります。

写真のデジタル化の手順

写真のデジタル化を行う場合の手順をご説明します。

必要な機材を準備する

  • スキャナー

写真をデジタル化するためには、まず、スキャナーが必要です。
家庭用のフラットベッドスキャナーで十分ですが、高品質なスキャンを求めるなら専用の写真スキャナーを使うと良いでしょう。

  • パソコン

パソコンも必要です。
スキャンしたデータを保存し、整理するために使います。
大容量のストレージがあると安心ですね。

さらに、クラウドストレージサービスを利用するのもおすすめです。
GoogleドライブやDropboxなどを使えば、スキャンした写真を安全に保存し、いつでもアクセスすることができます。

これらの機材を準備すれば、写真のデジタル化がスムーズに進みます。

写真をスキャンする

  1. スキャナーをパソコンに接続し、スキャナーのソフトウェアを起動します。
  2. 次に、スキャナーのガラス面に写真を置きます。写真がずれないように注意しましょう。
  3. ソフトウェアの設定で解像度を選びます。解像度は300dpi以上が望ましいです。
  4. スキャンボタンを押すと、写真がデジタル化され、パソコンに保存されます

保存するフォルダを決めて、わかりやすい名前を付けると良いでしょう。
写真が多い場合は、まとめてスキャンすることも考えてください。

スキャンした写真を整理する

  1. まず、ファイル名をわかりやすく付けましょう。「2024_05_20_Family_Trip」など、写真の内容がわかる名前にすると良いです。
  2. 次に、フォルダを使って写真を分類します。例えば、「家族写真」「旅行写真」「イベント写真」などのフォルダを作って、その中に写真を入れていきます。フォルダ名もわかりやすく付けることで、後から探しやすくなります。
  3. また、クラウドストレージを利用する場合は、オンライン上でフォルダを作って整理することもできます。
  4. 最後に、写真をバックアップすることを忘れないでください。ハードディスクやUSBメモリなどに定期的にバックアップを取ることで、データの消失を防ぎます。

これらの手順を踏むことで、スキャンした写真を整理できます。

写真のデジタル化は業者依頼が安心

デジタル化するメリットや手順をお伝えしましたが、

「自分でするのは面倒だし、時間もない」

「そもそも、きれいにできるかわからない」

「かえって、写真が汚くなってしまった…」

などの不安がでてくるでしょう。

そんな時におすすめしたいのが、専門業者に頼むという選択肢です。

「でも、どこに頼んで良いのかわからない」

「業者によって、仕上がりの違いが大きそう」

と、思ったあなたはぜひ「PHOTO STUDIO MAPLE」へご相談ください。

まずは、ご利用頂いたお客さまから”こんな声をいただいています”

兵庫県A市のM様

終活として、生前整理をしたいと思い立つも、なかなかアルバムだけは手がつけられませんでした。

息子に相談したところ、こちらのサイトを見つけて教えてくれました。データに残す方法があると初めて知り驚きましたが、おねがいして良かったと思えるサービス内容でした。

ありがとうございました。

兵庫県K市のJ様

料金設定がわかりやすく、試しに問い合わせしたところ、ご丁寧に対応いただいたのが依頼したいと思った決め手です。

出来上がりを見てとても満足しています。手持ちの写真はすべて依頼しましたが、友人が同じように困っていたら、ぜひおすすめしたいと考えています。

などなど、たくさんのお声をいただいています。

ぜひ、あなたやあなたの大切な人を色あせることなく、思い出せるようにしませんか。

きっと、記憶にも記録にも残せるすばらしいものになるでしょう。

あなたからの連絡をお待ちしています。

\さっそく相談してみる/

まとめ

今回は、写真の安全な処分方法とデジタル化について解説いたしました。
大切な思い出写真は、いつでも見返せるようにしておきたいですよね。
そんな方には特にデジタル化がおすすめですので、ぜひご検討ください。